中学生 受験社会

ノーバスの苦手科目対策【中学生受験社会】

ノーバスなら社会がわかる!中学生 受験社会

対象/中学3年生

入試には何が出題されるの? 塾 ノーバス - 中学生 受験社会

近年の公立高校入試では、地理・歴史・公民の各分野を
融合した総合問題が数多く出題されます。
そのため、独立した知識だけでは対応しきれません。
各分野をまんべんなく、関連づけて学習しておくことが
必要になります。そうはいっても、学校の授業では
それぞれ別々に学習するので、
結び付けて考えるのはなかなか難しいものです。

社会への関心・意欲が問われます

関連づけて学習していくには、
自ら進んで調べる姿勢がとても大切です。
毎日のニュースに関心を持てば、
それに関連する国について、
歴史について、現在の状況についてなど、
だんだんと知識を広げることができます。

問題が長くて難しそう… 塾 ノーバス - 中学生 受験社会

過去問題を見てみると、
社会のページ数の多さに驚かされます。
「よしっ!チャレンジ!!」と
はりきってみても、
途中でくじけそうになってしまいます。
写真・地図・年表・グラフなどの資料が
たくさん載っているため、一見難しそうに見えるのです。

実は そこにヒントがいっぱい

一見すると難しそうな問題も、
正しく資料を読み取る力を身に付けておけば、
そのボリュームが問題を解くカギになります。
そのためには、普段から地図帳や資料集などを
活用しながら学習しましょう。
1対1のノーバスなら、資料から読み取れることを
先生と話し合いながら、基本的な知識と資料を読み取る力を
確実に身に付けることができます。

クリックで悩みを解決! - 塾 ノーバス

大事な用語を覚えればいい? 塾 ノーバス - 中学生 受験社会

基本的な知識や社会に対する関心や意欲を判断するため、
出題形式にも様々な工夫が凝らされています。
歴史的な事実や時事的な出来事について説明したり、
資料から読み取った内容を簡潔にまとめるなど、
記述式の解答を求める問題も増えてきました。
用語を暗記しただけでは記述式の問題に
対応するのは難しいといえるでしょう。

自分の言葉で説明できるとが大切

「これは、どんな出来事だったかな?」
「いつ、どうして、どんなふうに起こったの?」
用語を覚えるだけでなく、日頃から自分の言葉で理解し、
説明できるようにしておきましょう。
ノーバスは、本当の知識を身に付けることを
目標としています。

科目トップにもどる

お問い合わせ

ページ上部へ戻る

トピックス

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業