中学生 受験国語

ノーバスの苦手科目対策【中学生受験国語】

ノーバスなら国語がわかる!中学生 受験国語

対象/中学3年生

公立高校入試のコツは? 塾 ノーバス - 中学生 受験国語

公立高校入試のねらいは、
中学3年間で
学習した基礎・基本の到達度および
理解度をみることです。
では、具体的にどんなことが問われるのでしょうか?
そして、どんな対策をすれば
良いのでしょうか?

知識と理解力・表現力を身に付けよう

漢字・語句の知識を始め、文学的文章では心情の理解、
論理的文章では論旨の把握、
古文では基礎的な知識と鑑賞力が求められます。
読解問題では、記述式の解答を要求する問題が
増加しており、表現力を重視した出題傾向がうかがえます。
また、作文も出題されますので普段から文章の要点や
自分の考えを書き表す練習が必要です。

作文・記述問題が苦手 塾 ノーバス - 中学生 受験国語

中学生になると、夏休みに読書感想文や
作文の宿題が
出される程度で、
文章を書く機会が少なくなってきます。
しかし入試では、
作文や記述問題など、
表現力を重視した出題傾向が強まっています。

書く 読んでもらう コツを知ればこわくない!

文章で表現するには、書き慣れることが必要。
また、自分の書いた文章を人に読んでもらうことも大切です。
読んだ人に内容や構成についてアドバイスをしてもらえば、
上手な文章を書くコツがだんだんと身に付きます。
自分の書いた文章を、楽しみに読んでくれる先生がいたら、
表現することがどんどん好きになっていきます。

クリックで悩みを解決! - 塾 ノーバス

スラスラと文章を読むには? 塾 ノーバス - 中学生 受験国語

「すごくおもしろいお話だったよ。」
「なんだかぜんぜん意味がわかんなかった。」
読解問題をやっていると読みやすい文章と
そうでない文章に出会います。
読解力を付けるには語句の知識を
増やすことも必要ですが、
もうひとつ大切なことがあるのです。

興味を持ち 経験し 視野を広げること

例えば、自分にも似たような体験があると
登場人物の心情が理解しやすくなります。
テレビで見た内容だと説明文もスラスラ読めます。
さまざまな経験をし、周りの人の気持ちを考えることや、
世の中の出来事やニュースに興味を持ち、
視野を広げていくことがとても大切なのです。

科目トップにもどる

お問い合わせ

ページ上部へ戻る

トピックス

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業