中学生 補習数学

ノーバスの苦手科目対策【中学生補習数学】

ノーバスなら数学がわかる!中学生 補習数学

対象/中学1年生〜中学3年生

中学の数学って難しい… 塾 ノーバス - 中学生 補習数学

中学生になると、さまざまな難解な問題が
出題されるようになります。
例えば、“5/6は2/3の何倍ですか?”という問題。
分数を苦手に思っている人は、
見た雰囲気で諦めてしまわないでしょうか?
実は考え方をほんの少し変えるだけで
ぐんと答えに近づきやすくなるのです。

難しい数字は 簡単な数字に直してみよう

上記の問題の何が難しく見えるのかと言うと、“分数”です。
そこで、分数を整数にして考えてみましょう。
“6は2の何倍ですか”という問題であれば、
直感的に3という答えが出てくるはず。
3という答えが出れば、次に6と2という数字を使って、
6÷2=3という式が出ますね。
この式を分数にして考え直してみれば良いのです。
5/6÷2/3という形になり、分数の割り算の考え方を
覚えていれば答えを導き出すことができます。
こうして、まず難しいものを簡単なものに置きかえて考えると、
問題を理解しやすくなり
今まで見た目だけで諦めてしまっていた問題を
解答できる可能性が高くなるのです。

とにかく数学が苦手 塾 ノーバス - 中学生 補習数学

数学なんて大嫌い!
数字や記号なんか見たくもない!
そんなふうに思っていたら
なかなか問題に取り組む気にも
なれませんよね。
どうしたら苦手を
解消できるでしょう?

小学校にもどってみよう

数学で困っている人に多く共通していること。
それは小学校の分数や小数の掛け算・割り算や文章題が
あいまいで基礎が固まらないまま
中学校に進学しているということです。
つまり、小学校の算数の分野での苦手や疑問さえ
解消すれば、数学もぐんと分かりやすくなるのです。
ノーバスなら、分からない問題があれば
きちんと基礎に戻ってしっかりと理解することができます。

クリックで悩みを解決! - 塾 ノーバス

応用問題が解けない 塾 ノーバス - 中学生 補習数学

簡単な問題は解けるけれど、
応用問題になると急に解けなくなってしまう。
そんな経験ありませんか?
テストで出題される応用問題は
一見するととても複雑。
文章問題も長くなり、
出てくる数字も多くなります。

とにかく似たような問題を何度も解こう

応用問題を解くには
なによりもまず基礎を理解しておくことが必要。
でも、基礎といっても1・2年生で覚える内容は
そんなに多くありません。
最低限覚えなければいけない基礎は、
理解し何度も似たような問題を解くことで定着します。
基礎さえ定着してしまえば
応用問題に取り組むことも難しいことではありません。
ノーバスでは、基礎をすみずみまで理解して
応用力がつくよう丁寧な授業を行っています。

科目トップにもどる

お問い合わせ

ページ上部へ戻る

トピックス

更新履歴

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業